和食の文化

和食の文化

和食の魅力とは?

和食のレシピを上手に活用する知恵

世界のなんちゃって和食

和食は栄養バランスが良い

和食のおもてなし料理について

お問い合わせ

和食のおもてなし料理について

和食のおもてなし料理を作りたいと考えたら、素材の味を活かす料理を意識する事がお勧めです。
ですが、素材を活かす料理は見た目が華やかにならないのではないかと考える人も少なくないでしょう。
ですが、盛り付け方や、素材の切り方等によって、その見た目を大きく変える事が出来ます。インパクトのある料理にしたいと考えたら、鯛は塩焼きにして盛り付ける事が有効です。
そのままでは味気ないと感じるかもしれませんが、鯛の美しい姿を活かすように焼き、落ち着いた印象のお皿に盛り付けるだけで、とても見栄えの良い状態となります。筑前煮のように野菜の煮物を作る際は、人参を花型にする等、一手間加えた状態で作り、そして、盛り付けの際も、飾り切りをした野菜が目につきやすい場所に配置するだけで、とても華やかな印象になります。
和食は色合いが地味な料理も多いですが、盛り付けや切り方を工夫するだけで、簡単におもてなし料理に仕上げる事が出来ます。

和食の精神を象徴するおもてなし

和食のおもてなしは、接待とも呼ばれる文化の一つで、非常に長い歴史を有しています。懐石料理を提供する茶の湯の世界では、禅宗の影響を受けて文化が発展し、一期一会の精神を生み出したことも重要です。
一期一会とは、一生に一度しか合わない相手に対して、後悔のないようにおもてなしをする精神です。
和食のおもてなしは、料理店や家庭ごとに作法が違うものですが、精神的な支柱については共通するものです。相手の心を見て接し、自己犠牲的な精神によって尽くすことも、この世界では重要な考えです。
料理人は何よりも相手のことを考えて、最初の素材選びから入念に行って、妥協のない仕事をして尽くしてくれます。
和食でおもてなしを受ける場合には、おふくろの味を堪能して、心が温かくなることもあります。おふくろの味を提供してくれる人には、相手を思いやる気持ちがあるだけでなく、技術を継承させるための意志もしっかりとしています。
礼儀作法の文化とも共通しますから、家庭で教えることが昔から行われてきました。

注目サイト

オーディオの買取を考える依頼

最終更新日:2017/11/15